本文へスキップ

鮨の魅力は「一貫食べるたびに別の食欲が刺激されて次はなんだろう」と期待する

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.054-345-8268

〒424-0886 静岡市清水区草薙122

yumi chiba専門調理師千葉由美のページ

NHKエンタープライズ国際放送の取材

NHKエンタープライズの国際番組157国で放送されました。
30分のドキュメンタリー番組です。
こちらからご覧ください
 
海外からのテレビ撮影です。
オランダのFOX系チャンネル「24kitchen 」 というグルメ番組なのだそうです。日本のわさび、寿司は、とても魅力的なもの。 また、伝統的な技術や品々に海外からの反応、関心が高いことに、うれしくおもいます。     facebookより

アメリカ メディア「EATER」omakaseの取材

信頼できるグルメ情報をグルメ専門のジャーナリストたちが
世界各国を巡り皆様にお届けします。
番組では職人が職人技〜その繊細、かつ巧みな技を披露します。
視聴者 主にアメリカ、ヨーロッパの日本食通の人々と業界
こちらからご覧ください 下の画像からもご覧頂けます 
 
  

CNNが選んだ5人の日本人女性

次世代のモデルとなる日本人女性5人を紹介。女子レスリング五輪3連覇の吉田沙保里。 世界的指揮者の西本智実。ゴールドマン・サックス証券副会長でウォール・ストリート・ジャーナル紙「アジアで注目すべき10人の女性」に選ばれたキャシー・松井。 静岡市の寿司職人、千葉由美。宝石ブランド「HASUNA」のCEO、白木夏子。
こちらからご覧ください
 

香港ハッピーバレー競馬場レストランですしを握る

香港の競馬は世界的に非常に有名で、ハッピーバレー競馬場で毎週水曜日の夜に競馬が行われています。
香港ジョッキークラブ(HKJC)が主催する夜のレースなので、庶民的な感じから豪華な食事付きまで、豪華レストランで、日本の伝統的な寿司をお作りしております。
香港ジョッキークラブ の会員の皆様向けの雑誌に載せていただきました。
期間:2017/07/03~07/21 サポートは伊藤ひろえさん(小学校から高校まで同級生の友人)   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     

「女性すし職人」すし料理専門調理師認定・調理技能士の名称

 

平成27年9月30日 
 「女性鮨すし職人」千葉由美
すし料理専門調理師・調理技能士の国家試験合格。塩崎厚生老大臣より証書授与
 試験問題
      学科試験:食品の栄養、法規、衛生学、調理一般、調理法等。
      実技試験:課題の魚介類の捌き方等
          


「女性鮨職人」全国すし連合会主催全国技術大会で銀賞受賞

このコンクールは若手職人の登竜門として切磋琢磨の場を提供し 「すし」技術の継承並びに後継者の育成を図ることを目的で実施するものです。
「第10回全国すし技術コンクール
1、中部ブロックすしコンクールで各部門上位3名
     「全国すし連合会すし技術コンクール全国大会」の出場資格を獲得
2、場所 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール
     名古屋市千種区吹上2-5-3 電話 052-735-2111
3、審査委員 全国すし商生活衛生同業組合連合会 山崎技術研究委員長
       北海道から鹿児島までの各県技術委員長
       特別審査委員 三重県立相可高校 村林伸吾教諭
4、審査基準 調理技術はもとより衛生的に(服装始め頭髪、爪、仕事中)仕事の段取り、
       態度、時間厳守など強く要求されます
5、競技種目 笹切り競技、巻きずし競技、関西鮓競技、握りずし競技の4種目
   
 女性鮨職人千葉由美  女性鮨職人千葉由美

「女性鮨職人」全国すし連合会中部ブロック大会で銀賞受賞

中部ブロック七県技術コンクールが愛知県名古屋市吹上ホールで開催されました。
静岡県鮨組合員が優秀な成績で握り部門では第一位を受賞しました。全国すし連合会主催全国技術大会へ出場
当店参加者の千葉由美の成績
笹切り  銀賞
巻きずし 銀賞
女性鮨職人千葉由美 女性鮨職人千葉由美  


日々の仕事    

   
   
   
   
   
   

東海大学短期大学部出前授業

私の担当した講座は、 寿司のルーツと歴史、 江戸前寿司とは、 五色、五味、五感をふまえての江戸前寿司の盛り込みについて 寿司の講座のあとは、 握ずしと巻物の実践。 普段から調理に携わっている学生さんなので、 とても段取り良く、綺麗に寿司を握っておられました。 私の班では、馬淵 大阪寿司の大石さんの指導が、とても丁寧でわかりやすく、ポイントの伝え方が上手いので、生徒さんが握ったものの出来栄えが素晴らしかったです。 私たちも、回を重ねるにつれ、教える、伝えるという事の腕を上げたようですよ。

      
   
   
 

江戸前寿司をお茶の合組で楽しむ美と食の会

女寿司職人 千葉由美氏が握る “江戸前寿司”
マルヒデ岩崎製茶 岩崎泰久氏が手掛ける “お茶の合組"
養殖の概念を覆し料理界で好評を博す“内浦駿河鯛”をメイン食材に迎え最高の素材にひと手間をかける
“一貫一茶” じっくりと頂く至高のマリアージュ

    


ナビゲーション

店舗イメージ