本文へスキップ

鮨の魅力は「一貫食べるたびに別の食欲が刺激されて次はなんだろう」と期待する

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.054-345-8268

〒424-0886 静岡市清水区草薙122

news千葉由美のページ

「女性すし職人」すし料理専門調理師認定・調理技能士の名称

 

平成27年9月30日 
 「女性鮨すし職人」千葉由美
すし料理専門調理師・調理技能士の国家試験合格。塩崎厚生老大臣より証書授与
 試験問題
      学科試験:食品の栄養、法規、衛生学、調理一般、調理法等。
      実技試験:課題の魚介類の捌き方等
          


「女性鮨職人」全国すし連合会主催全国技術大会で銀賞受賞

このコンクールは若手職人の登竜門として切磋琢磨の場を提供し 「すし」技術の継承並びに後継者の育成を図ることを目的で実施するものです。
「第10回全国すし技術コンクール
1、中部ブロックすしコンクールで各部門上位3名
     「全国すし連合会すし技術コンクール全国大会」の出場資格を獲得
2、日時 平成27年11月11日(水)午前10時30分 ~午後4時まで
3、場所 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール
     名古屋市千種区吹上2-5-3 電話 052-735-2111
4、審査委員 全国すし商生活衛生同業組合連合会 山崎技術研究委員長
       北海道から鹿児島までの各県技術委員長
       特別審査委員 三重県立相可高校 村林伸吾教諭
5、審査基準 調理技術はもとより衛生的に(服装始め頭髪、爪、仕事中)仕事の段取り、態度、時間厳守など強く要求       されます
6、参加者 全国から90名。静岡県は9名。
7、競技種目 笹切り競技、巻きずし競技、関西鮓競技、握りずし競技の4種目
当店参加者の千葉由美の成績は巻きずし部門で銀賞受賞しました
   
 女性鮨職人千葉由美  女性鮨職人千葉由美

「女性鮨職人」全国すし連合会中部ブロック大会で銀賞受賞

2014年中部ブロック七県技術コンクールが愛知県名古屋市吹上ホールで11月15日開催されました。
静岡県鮨組合員が優秀な成績で握り部門では第一位を受賞しました。全国すし連合会主催全国技術大会へ出場
当店参加者の千葉由美の成績
笹切り  銀賞
巻きずし 銀賞
女性鮨職人千葉由美 女性鮨職人千葉由美  


日々の仕事    

   
   
   

東海大学短期大学部出前授業

      

私の担当した講座は、 寿司のルーツと歴史、 江戸前寿司とは、 五色、五味、五感をふまえての江戸前寿司の盛り込みについて 寿司の講座のあとは、 握ずしと巻物の実践。 普段から調理に携わっている学生さんなので、 とても段取り良く、綺麗に寿司を握っておられました。 私の班では、馬淵 大阪寿司の大石さんの指導が、とても丁寧でわかりやすく、ポイントの伝え方が上手いので、生徒さんが握ったものの出来栄えが素晴らしかったです。 私たちも、回を重ねるにつれ、教える、伝えるという事の腕を上げたようですよ。

      
  
  
 

江戸前寿司をお茶の合組で楽しむ美と食の会

embellirより イベントのお知らせです。
女寿司職人 千葉由美氏が握る “江戸前寿司”
マルヒデ岩崎製茶 岩崎泰久氏が手掛ける “お茶の合組"
養殖の概念を覆し料理界で好評を博す“内浦駿河鯛”をメイン食材に迎え最高の素材にひと手間をかける
“一貫一茶” じっくりと頂く至高のマリアージュ
日時:2015年12月9日(水)  
[昼の部] 12:00~14:30   [夜の部] 19:00~21:30    
場所:穴子の魚竹寿し
定員:8名
ドレコード:embellirのワンピース
会費:10,000円 特製☆穴子ちらしのお土産付き
協力:穴子の魚竹寿し    http://uotakesusi.eshizuoka.jp/    
マルヒデ岩崎製茶    http://s.ameblo.jp/mixcha/    
内浦漁業協同組合    
株式会社ぐるなび
お問い合わせ、ご予約はembellirxライン またはinfo@embellirx7.comにてご連絡ください http://embellirx7.com
http://xxxconsciousxxx.com

    

パブリシティ

 魚竹寿し「女性寿し職人千葉由美」の密着取材
平成26年12月3日(水)テレビ朝日ワイド!スクランブル内で井筒和幸監督のレポートで放送されました。
内容を紹介します
東京すしアカデミーは専門の学校に通う生徒は男性の中に、女性達が増えて来ている。一昔まえまでは男性社会だったが、その実情は代わって来ているとの事。
そして井筒監督が向かったのは静岡・清水区にある一件のお寿司屋さん「魚竹寿し」。カウンターの中にいたのは魚竹寿しの二代目寿し職人の千葉由美さん女性だった。
そして寿しを握ってもらい井筒監督が太鼓判を押した。そしてただの寿し職人ではなく江戸前の鮨職人である事にこだわっている。
そして名古屋で行われた「全国すし中部ブロックすし技術コンクール2014」の笹切り部門と巻物部門で銀賞を獲得の腕前だ。
かなりの腕前をもつ由美さんの笹切りは芸術品であると紹介した 一方井筒監督は美味しいすしに魅了されお酒も進む。そして看板の穴子を頂くと穴子の魚竹寿しだとコメントした。
由美さんにはほろほろとしたのでは無く、しっかり食べたと感じさせるすしが理想だとコメントした由美さんを、映画にしたいと話した。
そして普段食べない海老を握らせ、食べると違うと脱帽した。父親の親方につき、つけ場にはいるまで8年かかった修業。
6人いる従業員の中でもいまだ一番下の由美さんは午前9時に出勤して掃除、〆鯖や穴子の仕込み、大事な仕事を任されている。そして大事なのがシャリ作り。
お客さまが自分の前を避けて座る事があったと話した。それは超えなくては行けない壁だったと伝えた。
静岡の地で活躍する女性の江戸前鮨職人の由美さん。女性は男性に比べ体温が高くすしを握るのにはむいてないと言う風説が原因なのか、昔、目の前に座ったお客が親方の前に座り直したと話した。
今では由美さんの固定客が増えて来ていると伝えた。静岡を出たいと上京、大学卒業後、8年間広告会社で勤務、そして結婚を機会に静岡に戻りお店の手伝いを始めた。
そんな時にお客さんに何も返答できなく勉強をし始めたのがきっかけだったとの事。30歳で父親の弟子になり江戸前鮨に魅了されていったとの事。
そんな二代目の事を父親は入ってくれて本当よかった、嬉しかったと話した。女性がつけ場にはいる事で模範になればと話した。
また三年前から地元の高校や大学ですしの握り方を教えに出前授業をしている。その一方でお昼の営業が終わると自宅へ向かう、三人の子どものお母さんで家事をこなす。
そして夜の営業にでて帰ってきて食事をする。家庭と仕事の両立する胸の内を聞くと涙を流した。
そのワケとは。
育児と寿司職人の二つの顔を持つ千葉由美さん。大変だった時を尋ねると、最近は両立ができてなく子供が寂しい思いをしているとわかっている、と涙ながらに語る。
妻に対して夫は、家庭のことでできないことは自分がやるなどと話す。
由美さんは寿司専門の調理師免許を取って寿司職人を目指す子たちのために先生になりたいという夢を話した。
千葉由美さんについてスタジオでトークをする。実際に千葉さんの寿司を食べた井筒和幸が「一回は行ってみた方がいい」などと話す。
千葉さんの一日は午前2時に就寝し午前5時に起床という。寿司の評判が良くなって子どもと過ごす時間がまた減ってしまうのではないかと出演者は心配するも、凛とした姿をお子さんもご覧になっているなどと話した。
 *価格。com テレビ紹介情報より文章はお借りしました(一部 店主竹内勝利が編集いたしました)      
     

     
     
 テレビ朝日 Jチャンネル  日本テレビ every  テレビ東京
ビッグバラエティ 

 

 

 
 NHK静岡 とびっきり静岡  SBSテレビ そこ知り  テレビ静岡 くさデカ
     
 テレビ静岡 くさデカ  静岡だいいちテレビ
倶楽部クマキリ
 静岡だいいちテレビ
キートンの名店
     
あさひテレビ とびきり  東海テレビ ピーカン ビジネスレポート
     
 静岡だいいちテレビ
○ごとワイド
 SBSテレビ  そこ知り  週刊文春 女性鮨職人
     
 SBSラジオ
愉快・痛快・阿藤快
SBSラジオ 千葉由美
愉快・痛快・阿藤快
 SBSラジオ
     
 阿藤快のうまい旅  名物丼本 穴子丼  BS  謎解き江戸のススメ!
     
 季刊 清水 長門鮓  さくや姫 女性鮨職人  JR東海ひととき
武士の家計簿 原作者磯田道史
     
九十九 森 原作 長門鮓   SBS特報4時ラー   SBSそれいいね! 
     
テレビ静岡 磁石 静岡朝日とっびきり 広瀬アナ テレビ朝日スクランブル
井筒監督
     
 産経新聞 静岡朝日とっびきり 森アナ  静岡新聞 夕刊 
     
静岡新聞 甲冑 雛の吊るし飾り 静岡新聞  とびきり静岡 長門鮓 
     
DHC 『みんな元気』の表紙    

 

ナビゲーション

店舗イメージ

shop info.店舗情報

穴子の魚竹寿し

すし専門調理師・調理技能士

〒424-0886
静岡市清水区草薙122
TEL.054-345-8268
FAX.054-347-4528
スマートホーン