本文へスキップ

鮨の魅力は「一貫食べるたびに別の食欲が刺激されて次はなんだろう」と期待する

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.054-345-8268

〒424-0886 静岡市清水区草薙122

女性鮨職人千葉由美のページnews

    

NHKエンタープライズ国際放送の取材

NHKエンタープライズの国際番組157国で放送されます。
30分のドキュメンタリー番組です。
こちらからご覧ください
 
 

アメリカメディア「EATER」の取材

グルメ情報をグルメ専門のジャーナリストたちが世界各国を巡り皆様にお届けします。
番組では職人が職人技〜その繊細、かつ巧みな技を披露します。
視聴者 主にアメリカ、ヨーロッパの日本食通の人々と業界  
こちらからご覧ください
    
 
 
   

CNNが選んだ5人の日本人女性取材

次世代のモデルとなる日本人女性5人を紹介。女子レスリング五輪3連覇の吉田沙保里。 世界的指揮者の西本智実。ゴールドマン・サックス証券副会長でウォール・ストリート・ジャーナル紙「アジアで注目すべき10人の女性」に選ばれたキャシー・松井。 静岡市の寿司職人、千葉由美。宝石ブランド「HASUNA」のCEO、白木夏子。
こちらからご覧ください



宮本康幸さんのご協力により翻訳していただきました。

 英語のナレーションの文字起こしをして、英国人言語学者である義理の息子スチュアートとその妻(長女の薫、滞米歴7年)の協力で以下の通りに完成しました。和訳は私がやりました。Stuartが言うには、一部の英語ナレーションには僅かに欠落があるようだ、それはCNNの技術的ミスかも知れない、と。
 無粋なことですが、ナレーションそのものにも著作権があり、これを文字起こししたり和訳するのも、厳密にいえば著作権にもちょっぴり触れる行為です。しばらく(当分の間)したら、この投稿は削除しますのでご承知を願います。
「鮨を作る術とは細心の注意と訓練を必要としている。日本では鮨は代表的な料理であると同時に、伝統であり、かつ様式美なのだ。
女性鮨職人はカウンターの向こう側で働く男性職人に比べればはるかに少ない。
こちらが千葉由美さん。横に立っているのは彼女を日本でも最も有名な女性鮨職人に育てた師であり、先輩であり、彼女の父でもある。
「よく言われるのは、『女性なんだからもっと繊細な鮨を作るべきだ』。でもそれは違います。鮨職人は鮨職人なんですから」
彼女は東京から列車で2時間の静岡市で鮨店を経営しながら、もう20年も鮨を握り続けている。
彼女の父は50年前にこの店を開業した。(その頃の2人の写真)
「鮨職人になるつもりはありませんでした。避けたかったんです。でも知れば知るほど興味がわいてきました。そこで父に頼んだんです。『鮨を作りたいの。教えて頂戴』って」
「父はその時は私がついには店を継ぐことになるとは思ってもいなかったようです」
彼女はそれを成し遂げ、鮨への愛情はさらに熱を帯びるものになっていった。
しかしカウンターの向こう側で働くことは女性にとって生易しいものではなかった。
「人はこんなことを言うんです。『君は女性だろ? 結婚して家庭もある。仕事と家庭のバランスを取るのは無理だよ』と」
「こと鮨職人のことになると、人はこうも言います。『あなたは女性だし、体温も高い。だからちゃんとした鮨を握るなんでできませんよ」。でも誰がそんなことを決めたんでしょう?」
家に戻れば、彼女は妻と、家族に料理を作る母と言う2つの重要な役割を果たす。それとても一時には出来ないという同様の真実に思い至るのである。
「私にとって一番困難を感じたのは、家族と仕事という2つのバランスを取る能力です。どちらかを取れ、と言われたら葛藤するでしょう。それは変わりようがありません。」
それでも彼女は新しいチャンスを求めて自分自身を切り開きつつ、後悔せずに生きることを学びつつある。
「7年前にガンを患って大きな手術をしました。3か月間も鮨を作れませんでした。やがて私は後悔を残さないためにも、すべてのエネルギーをもってこの時間を生きようと考えるようになりました」
「私にとっては鮨カウンターは舞台です。同時に私とお客様を結びつける場所なんです。ここで自分自身を表現できるのって最高の幸せですね」 

香港ハッピーバレー競馬場レストランですしを握る

香港の競馬は世界的に非常に有名で、ハッピーバレー競馬場で毎週水曜日の夜に競馬が行われています。
香港ジョッキークラブ(HKJC)が主催する夜のレースなので、庶民的な感じから豪華な食事付きまで、豪華レストランで、日本の伝統的な寿司をお作りしております。
香港ジョッキークラブ の会員の皆様向けの雑誌に載せていただきました。
期間:2017/07/03~07/21 サポートは伊藤ひろえさん(小学校から高校まで同級生の友人)

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

「女性すし職人」すし料理専門調理師認定・調理技能士

 

平成27年9月30日 
 「女性鮨すし職人」千葉由美
すし料理専門調理師・調理技能士の国家試験合格。塩崎厚生老大臣より証書授与
 試験問題
      学科試験:食品の栄養、法規、衛生学、調理一般、調理法等。
      実技試験:課題の魚介類の捌き方等

     

「女性鮨職人」全国すし連合会主催全国技術大会で銀賞受賞

  このコンクールは若手職人の登竜門として切磋琢磨の場を提供し 「すし」技術の継承並びに後継者の育成を図ることを目的で実施するものです。
「第10回全国すし技術コンクール
1、中部ブロックすしコンクールで各部門上位3名
     「全国すし連合会すし技術コンクール全国大会」の出場資格を獲得
2、日時 平成27年11月11日(水)午前10時30分 ~午後4時まで
3、場所 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール
     名古屋市千種区吹上2-5-3 電話 052-735-2111
4、審査委員 全国すし商生活衛生同業組合連合会 山崎技術研究委員長
       北海道から鹿児島までの各県技術委員長
       特別審査委員 三重県立相可高校 村林伸吾教諭
5、審査基準 調理技術はもとより衛生的に(服装始め頭髪、爪、仕事中)仕事の段取り、態度、時間厳守など強く要求されます
6、参加者 全国から90名。静岡県は9名。
7、競技種目 笹切り競技、巻きずし競技、関西鮓競技、握りずし競技の4種目
  当店参加者の千葉由美の成績は巻きずし部門 銀賞受賞
女性鮨職人千葉由美 女性鮨職人千葉由美  
女性鮨職人千葉由美 女性鮨職人千葉由美  

「女性鮨職人」全国すし連合会主催中部ブロック技術大会へ出場

2015年中部ブロック七県技術コンクールが愛知県名古屋市吹上ホールで11月11日(水)開催されました。
当店参加者の千葉由美の成績
笹切り  銀賞
巻きずし 銀賞
女性鮨職人千葉由美 女性鮨職人千葉由美  

日々の仕事

    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

江戸前寿司をお茶の合組で楽しむ美と食の会

embellirより イベントのお知らせです.。 江戸前寿司をお茶の合組で楽しむ美と食の会
女寿司職人 千葉由美氏が握る “江戸前寿司”
マルヒデ岩崎製茶 岩崎泰久氏が手掛ける “お茶の合組"
養殖の概念を覆し料理界で好評を博す“内浦駿河鯛”をメイン食材に迎え最高の素材にひと手間をかける
“一貫一茶” じっくりと頂く至高のマリアージュ
日時:2015年12月9日(水)  
[昼の部] 12:00~14:30   [夜の部] 19:00~21:30    
場所:穴子の魚竹寿し
定員:8名
ドレコード:embellirのワンピース
会費:10,000円 特製☆穴子ちらしのお土産付き
協力:穴子の魚竹寿し    http://uotakesusi.eshizuoka.jp/    
マルヒデ岩崎製茶    http://s.ameblo.jp/mixcha/    
内浦漁業協同組合    
株式会社ぐるなび

東海大学短期大学部出前授業

      

私の担当した講座は、 寿司のルーツと歴史、 江戸前寿司とは、 五色、五味、五感をふまえての江戸前寿司の盛り込みについて 寿司の講座のあとは、 握ずしと巻物の実践。 普段から調理に携わっている学生さんなので、 とても段取り良く、綺麗に寿司を握っておられました。 私の班では、馬淵 大阪寿司の大石さんの指導が、とても丁寧でわかりやすく、ポイントの伝え方が上手いので、生徒さんが握ったものの出来栄えが素晴らしかったです。 私たちも、回を重ねるにつれ、教える、伝えるという事の腕を上げたようですよ。

      
 
 
 

パブリシティ

女性鮨職人千葉由美の密着取材等

  

ナビゲーション